若者よ!世界に出よう!~クアラルンプール編~

どうも!

世界の美しい国々を回りたい。(できれば素敵な人とともに)

はい。今回も1人で回っております。

トムです。シンガポールのドクターストレッチ サンテック店で普段は働いてます。

 

昨日の夜シンガポールに戻ってきました。

たった3日間。されど3日間。非常に濃い充実した旅となりました。

今日は今年最後の旅「クアラルンプール」の話。

アラサー男の1人旅!クアラルンプールはこんな街だった

今回クアラルンプールに行ってみて学んだことや、行く前に知っておきたい基本情報はこちら。

クアラルンプールに行くときに知っておくべきおすすめ情報

是非行かれる方は参考にしてみてください。

今回はもっと僕のクアラルンプールでの時間を共有しようと思います。

若者が世界に出たいと思うきっかけになりますように…。

 

これは見逃せない!圧巻の存在感ペトロナス・ツインタワー

ここ!写真見て、「あ!これ見たことある」という人も多いのではないだろうか。

この光輝くツインタワーがそびえるのこそ、ここクアラルンプール。

この写真じゃ伝えきれない存在感。とにかく町のどこからでも目立つし、すごい。

でも思い返せば、このタワーが何なのか良く知らない…。

ということで、現地で聞き込み調査。

「ねえねえ!お兄さんこのビルっていったい何なの?オフィス?ショップ?」

下はショッピングモールになっていましたが、これはオフィスビル。

でもそれがいろんな情報がありすぎて、良くわからなかったので結局ネットで調べてみることに…。

どうも「ペトロナス」というのは、オイルの会社の名前らしい。

さすが、オイルマネー。これがオイルマネーですよ。

でも中には、マイクロソフトなどいくつもの会社がテナントとして入っているよう。

そして、なんとこの2本のうち1本を日本、もう一本を韓国が建てたらしい。

しかも、なんか傾いてるとか、いないとか…。

あれ?これどっかで聞いたな…。あ。シンガポールのマリーナベイサンズだ。

あれも日本が建てて、観光が船請け負って、傾いてるとか、いないとか。

少なくとも僕の目にはまだまっすぐだった!(笑)

 

近未来都市とスラム街と宗教が混在している街

さて、2日目は1日ぶらぶらと町散策。

ツインタワーがあるスゲー街のほんのちょっと隣は、森。というかジャングル。

それを過ぎたら危なそうな雰囲気のあるスラム街。

【クアラルンプール駅周辺】

〇ムルデカ広場(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)

この時ここではEXPO NEGARAKU 2017というのが行われており、出店が出たりと賑わっていました。

〇マスジッド・ネガラ(国立モスク)

美しいモスク。その近くの建物もなんだか立派なものがたくさん並んでいてすごく雰囲気のいいエリアでした。

そしてここから駅と、川を渡って、

〇チャイナ・タウン(スリ・マハ・マリアマン寺院)

この寺院は、シンガポールにも同じようなのがあります。

チャイナタウンは、シンガポールのチャイナタウンを少し商店街風にした感じ?

【ブキッ・ビンタン駅周辺】

この辺がきっと観光客には人気のエリアなのかな?

すごくたくさんの人どおりに、バスキングをしている人たち。

〇Jalan Alor通り

ここはシンガポールのスミスストリートのようで、台湾の夜市のような…

とにかく食べ物屋さんがいっぱい立ち並ぶ。

面白いたこ焼き屋さんも発見!ノリのいいおっちゃんがやってます。

通りを一本変えると急にディープな雰囲気に変わります。

〇Tengkat Tong Shin通り

ココはマッサージ目的で来ました!

ここにはたくさんのマッサージ店が点在しています。しかし、その間はたくさんのスペシャルマッサージ(風俗)店。

「若い女の子いるよ」という声で誘ってきます。

 

その誘惑に負けず、マッサージ店を探します。

今回の条件は、

  • 90分で全身受けれる
  • 100リンギット以内
  • Wi-Fiがある

でした。

上のふたつはほぼ全店OK。(1店舗だけコース内容が足のみ)

ただ、Wi-Fiがない。「今日は調子悪いんだ。」って何なんだ?

ということで今回はこのお店に決定!

 

中もきれいだし、対応も丁寧で申し分なし。

実際の施術は…ちょっと弱め?だったけど、確実にうまい。シンガポールで受けるマッサージよりもうまかった。

まあ技術に関しては施術者に個人差があるのでこれくらいで。

ただ、値段と満足度を考えたら、いいお店だったなと思います。

 

〇Changkat Bukit Bintang通り

今回ここはただ通り過ぎただけ。

でもきっと若い人が遊ぶなら「ココだろ!」って雰囲気ぷんぷんのエリアでした。

クラブに、バーに、パブが立ち並ぶ。すごくにぎわったエリア。

次回来るときは乗り込んでみたい!

 

まとめ

昼も、夜も、夜中も楽しめることがいっぱい!

しかもやはり物価は少し休め。かなり存分に楽しめること間違いなし。

若者が行くにはおすすめです。

 

のんびりもしつつ、存分に夜まで楽しみ切った3日間でした。

後1日ぐらい欲しかったな。

次は番上さんと存分に遊びに来ようかな。

 

是非クアラルンプールに1度足を運んでみて欲しい。

特に「20代の若者よ!行って、観て、感化されよ!」

 

本日もありがとうございました。

Tom Yoshida

 

 

2 件のコメント

  • Tomさん、
    KLは、出張で行ったことがあり、会社の同僚にほんのさわりだけ名所を案内してもらったことがあります。綺麗な街だなあという印象があります。イスラム圏と中国系の文化が混ざり合ったところだということが印象に残っています。今度、もっとゆっくりと尋ねてみたいものだと思います。(もちろん、シンガポールも)

    • クアラルンプールは、シンガポールよりもはるかにイスラム色の強い国で、もともとは同じ国だったとは思いえないくらい違いがありました。
      是非シンガポールにも、お越しください。KLもおすすめです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
    »Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
    »TomのFacebookはこちらから!