【まとめ】初めての香港観光!おすすめの2泊3日の楽しみ方!

どうも!

パティシエとパン屋のハーフシンガポール駐在員トムです。

 

せっかくシンガポールに住んでいるのだからアジア諸国を回ろうと思い、2018年初の海外旅行として先日香港に行ってきました。たった2泊3日の香港旅行でしたが、非常に刺激的でいいリフレッシュ旅行となりました。今日はそんな香港旅行のまとめ記事です。

【海外】初めての香港観光!2泊3日の楽しみ方!

シンガポールに住み始めてもうすぐ2年が経とうとしています。しかし、海外旅行は数えるほど…。せっかくの「シンガポール駐在員の特権を存分に生かさなくては!」と思い立ちました。2泊3日と限られた日程で、4月の手術も控えていることもあり、あまりお金も使えないという制限のある中でした。

そこで候補がベトナム・ホーチミンか、香港でした。悩んで決め手となったのは、やっぱりいつもシンガポールでお世話になっている方が以前香港に住んでいて、ものすごく「おいしかった」という食べ物情報です。旅の楽しみの1つはやっぱり食事!そんな単純な理由で香港を選びました。

香港旅行の為のフライトチケットを購入しよう

行くと決まればまずはチケットの取得が必要です。今回は2018年2月22日に、3月6日シンガポール・チャンギ空港発→香港空港着のフライトと、3月8日香港発→シンガポール・チャンギ空港着を購入します。

いつも海外旅行のチケットを購入する際は、いろいろなサイトを比較して最安値を提示してくれる海外旅行の味方「Skyscanner(スカイスキャナー)」を利用しています。

今回も調べてみると1週間前にも関わらず、飛行機が選べます。でもやっぱり2週間前に確認した時よりも若干値段が上がってしまっています。そんなことは後の祭りのなので、その中から今回はこちらのフライトにしました。

〇行き
2018年3月6日
06:05 SIN シンガポール チャンギ国際空港T2
10:55 HKG 香港 香港国際空港T2
(SGD 139.51)

〇帰り
2018年3月8日
19:00 HKG 香港 香港国際空港T2
23:05 SIN シンガポール チャンギ国際空港T2
(SGD 105.57)

今回の予約サイトは前回マレーシアのクアラルンプールの旅行の時と同様にTrip.comからの予約でした。Trip.comは日本語ページもあるので非常に使い勝手が良く予約がスムーズに行えるので、英語ができない僕のような人にもおすすめです。

予約したのはLCCのスクートで、手荷物なしで合計SGD 245.08(JPY 19863)でした。こんな価格で海外旅行に行けてしまうことに感動です。4時間のフライトなのでLCCでも何の問題もありません。実際に乗ってみても決して広さもないし、テレビなどのサービスはゼロですが、フライト時間が朝早いのと、帰りは疲れているので寝て起きたら着いていました。

ホテルはちょっとだけ豪華に

そしてフライトチケットを購入した後はホテルの予約です。ホテルはいつも通りBookin.comにお世話になります。ほかにもいくつか登録していますが、なんだかんだ一番使い勝手が良くて、安い価格でホテルが取れるのがこのサイトなのでどこに行くときも愛用しています。

ホテルを選ぶ際のポイント

  1. ロケーション
  2. 価格
  3. ホテルのクオリティ

これをその時々の旅行でバランスを見て選んでいます。例えば、「学生で貧乏だけど時間と体力がある」そんなときはとにかく安くて、市内から離れてもいいから安いホテルで探していました。だからタイやカンボジアでは1泊100円のホテルにも泊まった経験があります。

でもクアラルンプールの様にとにかく「ゆっくりしたい」というホテルで過ごす時間が一番の目的で行った旅行では、ホテルのクオリティに拘り値段やロケーションよりも、ホテルの施設のいいところを選びました。

今回は香港観光が1番の目的だったのでロケーションが重要です。その為、候補に挙がったのが、「香港ディズニーランド周辺」・「九龍エリア」・「中環エリア」でした。その中で香港に住んでいた人のアドバイスを受けて「九龍エリア」に絞りました。

九龍エリアでも価格はピンキリで2泊で1万前後から10万近いホテルまであります。今回はホテルで過ごす時間は短いものの、少しきれいなホテルに泊まりたかったのでいろいろ見た中で、The Royal Garden(ザ・ロイヤル・ガーデン)に決めました。

このThe Royal Gardenの最寄り駅はTsim Sha Tsui Stationで非常に便利な立地にあります。また価格は1泊SGD 250ほど。貧乏シンガポール駐在員が泊るにはちょっと高い値段設定で躊躇してしまいます。ただそこがBooking.comのチカラの見せどころ!!2泊でSGD 392(JPY 31815)まで落ちたので即決でここにしました。

感想は…次回行った時も「ここでもいいな!」と思うくらいのクオリティーのホテルでした。部屋も広いし、お風呂もきれい!特にホテルの朝食は非常においしかったです。デザインもおしゃれで、入り口にはドアマンがいるなどサービスも素敵なホテルでした。おすすめのホテルです。

The Royal Garden(ザ・ロイヤル・ガーデン)

2泊3日の香港観光スケジュール

〇1日目 香港のローカルエリア観光と100万ドルの夜景

10:55 香港国際空港 到着

14:00 ローカルエリア観光へ
→ 飲茶のお店
→ フラワーロード(おしゃれなカフェ)
→ 金魚通り
→ 女人街
→ マッサージ

20:00 100万ドルの夜景「ヴィクトリア・ピーク」
→ 登頂

23:00 ホテル

1日目はたくさんMTRを利用して香港を南北に動き回り、香港のローカルエリアの観光と100万ドルの夜景を見にヴィクトリア・ピークへ行ってきました。その中でおしゃれなカフェも見つけ大満足の1日でした。

*ポイント
香港国際空港から市内への移動手段は、「エアポート・エクスプレス」がおすすめです。空港直結で非常にわかりやすく、券売機はタッチスクリーンで駅名を選ぶだけ、空港から九龍駅までは約24分で行けちゃいます。料金はHK$45(約JPY 600円)と値段も安い!車内も快適で、席によっては充電までできちゃいます。

〇2日目 香港ディズニーランドと世界一のBAR

11:00 九龍駅周辺のカフェにて朝食

13:00 香港ディズニーランド到着

20:00 世界一のBAR「OZONE(オゾン)」

23:00 ホテル

2日目は香港ディズニーランドと世界一高いところにあるBAR「OZONE(オゾン)」に行ってきました。香港ディズニーランドはしないからMTRを利用して30分ほどの場所にあります。全然待ち時間がなくアトラクションに乗れたのでお昼からでも十分楽しめました。

リッツカールトン香港の118階にある世界一高いBAR「OZONE(オゾン)」は九龍駅から直結です。しかし、ちょっとわかりずらくエレベーターを乗り継いでいく必要があります。ここからギネスにも認定されている香港のシンフォニー・オブ・ライツを見ようとやってきましたが、雨でキリがあるのとで残念ながら見れませんでした。おそらくシンフォニー・オブ・ライツを見るにはおすすめではありません。

*ポイント
ギネス認定のシンフォニー・オブ・ライツのショーを見るのであれば、尖沙咀プロムナード (Tsim Sha Tsui Promenade)がおすすめです。Bar「OZONE(オゾン)」から降りてきて、この場所に散歩に来ましたが高いところは雨で曇っていても地上は意外と雨が上がり、雲もなくなっていました。おしゃれな余計なことせずにここに来てればきっと楽しめたはず…。これは次回の香港旅行に持ち越しです。

3日目 ブルースリーと香港土産で決まり

10:00 ホテル朝食

12:00 Garden of Starsでブルースリーと対面

13:00 The Peninsula Boutiqueにてお土産購入

15:00 空港チェックイン(空港観光)

3日目は「ブルースリーの銅像と香港土産を探す」日でした。朝はホテルの朝食をゆっくりと取り、そのまま街中を散歩しながらブルースリーの銅像のあるGarden of Starsを目指します。3月は気温も寒すぎず丁度良かったので、ゆっくり散歩するには絶好の気候です。こんな優雅な時間の過ごし方もまた素敵でした。

そして、香港土産で有名なThe Peninsula Boutiqueのチョコレートを購入!自分の分も思わず欲しくなってしまうような素敵なチョコレートやケーキが並んでいます。ただきっとここだけでなくもっと面白いお土産が変える場所があったはずです。いろいろ回ってみたかった!それが悔やまれます…。

*ポイント
空港で買い物を楽しもうと思って行きましたが…香港国際空港T2は本当に何も楽しい買い物できるところがありません。おいしそうなそそられるお店も特にないのが非常に残念でした。時間ギリギリまで街で楽しむことをおすすめします。

香港に行く方へのアドバイス

  1. 換金時は小さい紙幣をもらおう
  2. 飲茶は郊外のお店へ
  3. 夕食場所はしっかりとリサーチ
  4. 雨の日は高いところへは行かない

基本カード払いをしたいので現金はSGD80(約JPY 6500)しか変えずに行きました。カードを使えるお店が多くそれはあまり困りませんでしたが、現金を使用するのはMTRです。このMTRがHK$10とHK$20の紙幣しか使えません。そのことを考えるとすべてどちらかで持っていた方がいいかも!

九龍駅周辺で飲茶のお店を探しましたが、あまり見つからず少し離れないとほとんどないようです。そこが不便ではありますが、飲茶を食べたいときは今回僕が行った「太子エリア」がおすすめかと思います。

そして飲茶に付随して夕食の話で言うと、ご飯の場所はやっぱりしっかりとリサーチすることをおすすします。台湾の様にそこら中にお店があって、食べ歩きして…。というのを想像していましたが、そんなことはありませんでした。下準備不足を感じました。(笑)

最後これは2日でわかりました。雨の日、曇りの日はヴィクトリア・ピークやOZONEのような高いところはいかずに地上で夜景を楽しみましょう。上に行くほど天気が悪くガッカリな景色です。地上に降りてきた方がきれいに見ることができました。残念ながら天候に恵まれなかった人は地上から楽しむことをおすすめします。

トムのひとりごと

空港と飛行機では2018年に入って読み始めた金持ち父さんシリーズの投資ガイド上級編を読んでいました。「投資」という言葉は知っていたけれど、その重要性に気が付くきっかけをくれた本です。この本はお金持ちになるための投資が書かれた本。「お金」の教育の本ではありますが、本当に重要なことは、お金に限ったことではないなと思います。

支出は、資産にも負債にもなる。

この本の中でこんな言葉があります。これはお金に関する話だけではなく、結局自分自身も、人間関係も一緒で、すべてはあなた次第で資産にも負債にも変わりうる。ということだと本を通して学びました。

そして今回の海外旅行のような時間もただ行けば、時間とお金の浪費なのかもしれないが、この経験をどう生かすか次第では投資にすらなりうると思います。もっともっと「お金」という視点からも物事を考えてみようと思います。

まとめ

2泊3日 香港旅行 予算SGD800(約JPY 65,000)でした!

今回は2泊3日の香港旅行をまとめました。初めてだけど最高に楽しく、でももう一回行けばもっと楽しめるそんな国です。まだまだ香港の最高なご飯を食べたかったと腹八文目な旅行となりました。今度は、マカオにも行って世界遺産を見たり、カジノにも挑んでみたい!また必ず行こうと思います。

それぞれの詳しい観光の様子は、「香港のローカルエリアの観光と100万ドルの夜景を見にヴィクトリア・ピーク」、「香港ディズニーランドと世界一高いところにあるBAR「OZONE(オゾン)」」、「ブルースリーの銅像と香港土産を探す」にまとめてありますのでそちらをご覧ください。

以上で香港まとめは終了です。普段はブログを通してシンガポールのおすすめのカフェやおいしかったお店、観光地を紹介しています。またInstagramでは、リアルタイムできれいな風景や、おいしいごはんの写真を載せているのでのそちらもフォローお願いします。シンガポール観光大使の斎藤工さんに負けないようにシンガポールの魅力を配信していきます!(笑)

その他のおすすめ記事

カフェ好きさんへおすすめ

シンガポールでの趣味は、カフェ巡りです。シンガポールを回って見つけたおしゃれで美味しいカフェTop3を紹介しています。ランキングに変更があった場合月初で記事をリライトしているので最新の情報です。

ローカルフードを堪能したい人におすすめ

シンガポール駐在員御用達のフードコート。SuntecにあるFood republic(フード・リパブリック)を全店食べての感想と、現地のローカル社員からの人気のあるお店を紹介しています。

名物観光地を回りたい人におすすめ

シンガポール名物のマーライオンは実は7体いる。という噂を聞きつけ、すべてを歩いて回ってみた記録です。その中で観光名所のセントーサ島などにも行っています。是非何かチャレンジしてみたい人はこちらを読んでみてください。

トムってどんな人?

そもそもこの記事を書いているトムってどんな人だよ?!という疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。そしたらなんとなくどんな人物かわかっていただけるかな?と思います。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。これからも是非こちらのブログにお立ち寄り頂き応援して頂けたら幸いです。少しでも、このブログを通して何か皆様にプラスの価値が提供できますように…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tom Yoshida

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!