【海外】香港観光最終日はブルースリーと香港土産で決まり

どうも!

パティシエとパン屋のハーフシンガポール駐在員トムです。

 

シンガポールはアジア地区のハブとなっている国です。その為近隣諸国への旅行に行きやすいのがシンガポールの魅力の1つです。そこで2018年初旅行で香港に行ってきました。今回はその香港旅行の第3弾ブルースリーとお土産探しをお届けします。

【海外】香港の市外観光でブルースリーと香港土産を探そう

1日目は香港のローカルエリアの観光と100万ドルの夜景を見にヴィクトリア・ピーク へ登りました。そして2日目は、香港旅行で外せない観光地「香港ディズニーランド」と世界一のBarへ行ってきました。どちらも1日みっちり楽しみました。

そして2泊3日の香港観光も最終日です。本日はホテルの朝食からおしゃれにスタートです。せっかくきれいなホテルに泊まったのに寝るだけに使ってはというもったいない根性が働き朝食を堪能してきました。

このホテルで過ごす優雅な時間も海外旅行の醍醐味の1つです。バリやKL(クアラルンプール)に行ったときはホテルで1日本を読みながらまったりなんて過ごし方もするくらいこのリフレッシュできる時間が大好きです。そんな優雅な時間を楽しんだ後は、最終日は九龍エリアの観光に繰り出します。

Garden of Starsでブルースリーと対面

アジアのスーパースターと言えば、ジャッキー・チェンとブルースリーですよね。その世界的大スターブルースリーは香港の出身です。その為、九龍の公園に銅像が祭られているという情報を見つけたので会いに行ってきました。

ブルースリーがいるのは、九龍エリアの海沿いにあるGarden of Starsと言われる公園の中です。ここはその名の通り、ブルースリーだけでなく多くの香港のスーパースターの銅像や手形が飾られています。

そんなGarden of Starsにおいて明らかに存在感を放っている銅像こそ、ブルースリーです。やっぱり存在感が違います。はっきり言ってほかに見るものはありません。ただこの銅像の前でこのポーズがしたかった。それだけです。(笑)

他にもこんなよくわからない豚が居ましたが、他にはやることなし!まさにブルースリーと会うための公園です。でもそんな公園で取った写真が今のラインをトップ画にしてみました。2018年は髭にイメチェンしてみました。皆さんの反響はまちまちです。(笑)

香港のお土産はペニンシュラホテルで購入

香港土産っていったい何があるんだろうか…。一番最初に思いつくのはやっぱり中国だから「パンダ」?となります。ホテルの近くでスーパーを探すも見つからない。普段であればローカルスーパーで現地の人が食べているようなお菓子を選んで買っていくのですが、今回そのスーパーに行く時間がなさそうです。

そこで調べてみると、「The Peninsula Hong Kongのチョコレート」というのが有名らしい。そんな口コミをたくさん見つけました。やはりこれはパティシエの息子の血が騒ぎます。The Peninsula Hong Kongなら僕が泊っているホテルからも近いので空港までの時間で行けそうです。

The Peninsula Boutique(ザ・ペニンシュラ・ブティック)

 

高級ホテルであるペニンシュラホテルの地下1階にあるのが、今回香港のお土産としておすすめするお店The Peninsula Boutiqueです。高級感漂うショッピングモールの1画にあるこのお店は、遠くから見てもそこがスイーツを扱っていることがわかるような光を放っています。

店内には様々な紅茶や、チャイニーズティー、それに合いそうなチョコレートやクッキーが販売されています。店内は決して広くはないですが日本人を中心に多くのお客様で賑わっており、人気のお店であることが一目でわかります。

ショーケースには色とりどりのチョコレートが販売され、4個から自分で好きなものを選択し、きれいに箱に詰めてくれるスタイルでどれにしようか非常に悩みます。ほかにも、おいしそうなケーキもある為お土産でなく現地の人も利用するお店のようです。

今回はこの宝石のような輝きのチョコレートを4こ選んで買うことにしました。今回はPistachio cherry、The Peninsula 、Passion、Earl Greyを選択しました。でもできるなら全部食べてみたい!!きっとこれを自分の手で作れるパティシエの方は毎日ニヤニヤしながら働いているんだろうな~と思ってしまいました。いつか父親に作れるか聞いてみます。(笑)

これは誰に買っても喜ばれるお土産になる事間違いないです!次回香港に来た時もまた必ず来たいそんなお店です。

トムメモメモ

ずっと行きたかった香港の2泊3日の観光も終了です。最高に楽しい時間を過ごすことができました。そしてシンガポールを出ることで新しいシンガポールの良さに気が付きます。こういったアジア近隣諸国にフラッと旅行に行けるのがシンガポールのいいところだと改めて思います。

自分に与えられた環境は実は素晴らしいものなのにそこで長い時間を過ごしていくとだんだんと当たり前になっていってしまう。この「当たり前」が本当に怖いなと感じ出来事が2018年に入って非常に多いです。

先日行った3日間のファスティングで食べる事、食事の時間の幸せが当たり前でないことを痛感しました。こういう日常にあるいいところや、素敵なところをしっかりと感じながら、その土地土地での利点を生かしながら生きていたいです。

もっともっとシンガポールでローカルに染まろう。(笑)

まとめ

香港3日目はホテルでゆっくりし、香港の英雄ブルースリーに会い、The Peninsula Boutiqueでお土産を購入して、シンガポールに戻ってきました。最後の最後まで香港観光を楽しみ充実した旅行となりました。

日本からでも2万円程度、シンガポールからでも$200程度、時間も4時間ほどで遊びに行ける香港は非常に手ごろで楽しい観光地だと思います。是非まだ香港に行ったことがない人には是非行っていただきたい国です。僕もまた行きたいです。

今回は3回に分けてシンガポールから気楽に行ける海外旅行の魅力として先日行った香港旅行をブログで取り上げました。普段はこのブログを通してシンガポールのおしゃれなカフェや、観光地の情報などシンガポールの魅力を配信中です。またInstagramでは、リアルタイムでシンガポールの素敵な風景やおいしかったご飯などをアップしていますのでそちらも合わせてフォローお願いします。

その他のおすすめ記事

カフェ好きさんへおすすめ

シンガポールでの趣味は、カフェ巡りです。シンガポールを回って見つけたおしゃれで美味しいカフェTop3を紹介しています。ランキングに変更があった場合月初で記事をリライトしているので最新の情報です。

ローカルフードを堪能したい人におすすめ

シンガポール駐在員御用達のフードコート。SuntecにあるFood republic(フード・リパブリック)を全店食べての感想と、現地のローカル社員からの人気のあるお店を紹介しています。

名物観光地を回りたい人におすすめ

シンガポール名物のマーライオンは実は7体いる。という噂を聞きつけ、すべてを歩いて回ってみた記録です。その中で観光名所のセントーサ島などにも行っています。是非何かチャレンジしてみたい人はこちらを読んでみてください。

トムってどんな人?

そもそもこの記事を書いているトムってどんな人だよ?!という疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。そしたらなんとなくどんな人物かわかっていただけるかな?と思います。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。これからも是非こちらのブログにお立ち寄り頂き応援して頂けたら幸いです。少しでも、このブログを通して何か皆様にプラスの価値が提供できますように…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tom Yoshida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!