【絶景】シンガポールを一望できるスカイパークで過ごす熱い夜

どうも!

パティシエとパン屋のハーフシンガポール駐在員トムです。

 

マリーナベイサンズの「スカイパーク」で過ごした熱い時間

短パン社長と初対面

僕が働くフュービックでは2017年からSNSに力を入れ始めました。これはこれからは、会社の名前を働く時代から、個が輝く時代へと転換するという社長の考えのもとで行われています。そのSNSを活用し、まさに芸能人よりも芸能人であり、1年中短パンで過ごすことから「短パン社長」と呼ばれる奥ノ谷さんが講師です。

短パン社長はアパレルの社長であり、SNSやブログの販売のみで3億円も売り上げる。まさに個人をブランドした人です。そんな短パン社長が今回、シンガポールで大人気のメガネ屋さんOWNDAYSさんでSNSセミナーをやられるということでシンガポールに来られていました。

本当はOWNDAYSさんに交じって参加をさせて頂く予定だったのですが、シンガポールの既存スタッ向けの基礎研修と日程がかぶってしまい泣く泣く断念することとなりました。

ただ、そのあとの打ち上げをされているということを聞き、基礎研修の打ち上げ終わりに黒川社長と一緒に参加させて頂きました。

はじめはリトルインディアにあるシンガポール名物のペーパーチキンのお店「ヒルマンレストラン」で合流し、そのあとマリーナベイサンズの「スカイパーク」にあるルーフトップバーに行ってきました。

シンガポールが一望できる「スカイパーク」

今回奥ノ谷塾(短パン社長の塾)の方々と、OWNDAYSのみなさんと行ったスカイパークは、シンガポールを代表するホテルMarina Bay Sands(マリーナベイサンズ)の屋上にあるバーです。

SMAPのCMで一躍有名となり、今ではシンガポールと言えばマーライオンよりもMarina Bay Sands(マリーナベイサンズ)というくらい誰もが知っているホテルです。特にこのホテルにある屋上のインフィニティ―プールが有名で、若い可愛い女の子がインスタによく挙げています。

(こういうやつです(笑))

でも実はこのインフィニティプールは宿泊者しか泊ることができません。時期によりますがホテルは約5万円前後です。高すぎるわけではないですが、決して安くない…。迷ってしまいますよね。

でも実はプールがある53階は一部がカフェやバーとなっておりこちらは一般開放されているので宿泊者じゃなくても入れてしまうのです。…という話は知っていたのですが、シンガポールに住んで2年弱。初めて行ってきました。

やっぱり人気な誰もが知っているバーだけあって屋上は人でごった返しています。でも、その分しっかりとスペースもあるので意外と探せば座れる席もあります。

Marina Bay Sands(マリーナベイサンズ)には泊まれないんだけど、シンガポールの思い出作りに登ってみたい!!という方には是非お勧めのバーです。光り輝くシンガポールの街並みが一望できます。

「スカイパーク」の基本情報

Barの名前:「CÉ LA VI(セラヴィ)Restaurant and SkyBar

営業時間:正午~深夜まで(なんとざっくりな…)

住所:10 Bayfront Avenue, 018956

マリーナベイサンズホテルの中にあるのでここを目指しましょう。「タワー3もしくは、スカイパーク」とタクシーの運転手さんに伝えれば大丈夫です。

電車の場合はBayfrontで降りてMarina Bay Sands Hotelのタワー3を目指してください。

着いたら一番入り口に近いエレベーター53階を目指しましょう。

トムメモメモ

短パン社長やOWNDAYSさんとご一緒させていただいたのですが、やっぱり「スカイパーク」の上でも僕は黒川社長と熱いお話をさせて頂きました。忙しい中シンガポールに来てくださっている貴重なお時間。今回は初日からたくさんいただいています。

  • 大切なことは、厳しいことをいう時も、判断をする際も、一度相手の立場で考える
  • どうしようもないことに焦点を当てた指摘をしない
  • 自分をしっかりと戒める

もっともっとありましたが、深く心に刺さった言葉たちです。

また、大切なことは夢(理想)を明確にしておくこと。そして、常におごらず、謙虚に過ごすこと。その重要性を本日黒川社長に話して頂いたある人のエピソードで感じました。

でもやっぱり黒川社長の話はとても熱かった!僕もお客様にもスタッフにもずっと熱い人でありたい。

まとめ

本日紹介したのはシンガポールで有名なホテルMarina Bay Sands(マリーナベイサンズ)の53階。インフィニティプールのある「スカイパーク」にあるBar「CÉ LA VI(セラヴィ)Restaurant and SkyBar」でした。

またここだけでなくシンガポールにはおしゃれなバーがたくさんあります。先日紹介したMarina Bay Sands(マリーナベイサンズ)の真向かいにあるフラトンホテルのルーフトップバー「Lantern」もおすすめのバーです。

このようにブログを通して、自分の生活で考えた事や学んだこと。また、おすすめの観光地やおすすめのカフェやバーを紹介しています。是非これからもこちらのブログのサポートよろしくお願いします。

Instagramでは、リアルタイムでこれらの情報を配信したり、おいしそうなご飯の写真や街中で見つけたものを配信していますので、こちらもフォローお願いします。

その他のおすすめ記事

〇2泊3日香港観光のまとめ記事

今回Hay Fever Floral&Giftsに訪れた香港旅行の予算からスケジュール、現地での観光の様子をまとめました。

カフェ好きさんへおすすめ

シンガポールでの趣味は、カフェ巡りです。シンガポールを回って見つけたおしゃれで美味しいカフェTop3を紹介しています。ランキングに変更があった場合月初で記事をリライトしているので最新の情報です。

シンガポールのローカルフードを堪能したい人におすすめ

シンガポール駐在員御用達のフードコート。SuntecにあるFood republic(フード・リパブリック)を全店食べての感想と、現地のローカル社員からの人気のあるお店を紹介しています。

トムってどんな人?

そもそもこの記事を書いているトムってどんな人だよ?!という疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。そしたらなんとなくどんな人物かわかっていただけるかな?と思います。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。これからも是非こちらのブログにお立ち寄り頂き応援して頂けたら幸いです。少しでも、このブログを通して何か皆様にプラスの価値が提供できますように…

最後にシンガポールにお住いの方は非常にブログが活発です。僕以外のシンガポールの方のブログはこちらからご覧になれます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tom Yoshida

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!