勘違いヤローはバカヤロー。明日やろーもバカヤロー。

どうも!

今やりたいことは、「友達とサッカー合宿に参加して、おいしいお酒を飲む事」。

はい。ドクターストレッチ Suntec店のトムです。

いや、トムがいるお店はドクターストレッチ Suntec店です。

 

遂に始まってしまいましたね。12月。11月は台風の如く過ぎ去り、2017年最後の月を迎えてしましました。

僕は12月が大好きです!

年末はなんか節目!って感じがするし(31日まで変わらず仕事ですが)

忘年会シーズンで、人に会えるし(シンガポールに友達少ないですが)

寒くて鍋やおでんがおいしいシーズンだし(こっち暑いですが)

スキーもスノボーも楽しいし(怪我してますが)

やっぱりクリスマスは彼女と一緒にデートできるし(ン?カノジョッテオイシイノ?)

まあ~そうはいってもボーナスもらえる…し…!!!!(ソンナノナイヨ~~~~~~~)

 

あれ!?12月好きじゃないかもしれない。いやむしろ嫌いかもしれない。

好きって勘違いしていました。ただの勘違いヤローです。

 

勘違いヤローはバカヤローなのか?

12月が好きだなんて勘違いしていたことに今気が付きました。

きっとそんな勘違いが山ほどあるはず。ちょっと自分の過去の勘違いをさらけ出してみようと思います。

あ。先に言いますね。今日のブログ…内容薄いよ。

では張り切ってどんどん書き出してみよう。

サッカーうまいゾ

山梨県のド田舎。北杜市。高根町。そんな小さな町のサッカー少年団。確か名前は、「高根サッカースポーツ少年団」通称高根SSS。

チームに入った時1~6年生まで合わせて…20人くらい。そうすると大会出るのに総動員なわけですよ。今みたいに8人制じゃなかったから、11人必要で、6年生から順番に11人選ぶと小学3年生の僕も出れちゃうわけです。6年生の試合に。

そうするとさ。ほら。「俺ってうまいのかなー?」て勘違いするわけですよ。それで年を追うごとに、偉そうになって指示出したり、暴言吐いたりするわけですよ。

そんな状態で隣の市と合同で行われた大会で土のグラウンドでスライディングしまくってたら「優秀選手賞」なんかもらっちゃったわけですよ。それでまた「あ。俺やっぱりうまいんだ。スライディングが武器だな。」なんて勘違いするわけですよ。

それで鼻高々で、市の選抜行くけど試合前に体育の授業で捻挫して、辞退。だからそのまま狭ーーーーーい世界で王様気取りで中学生になって、そのままのメンバーの中で偉そうに3年間サッカーし続けてたわけです。

だっさいだっさい小さな田舎のお山の大将ですよ。

 

その勘違いヤローのまま高校入学しちゃったから大変です。

まあ~世界広い。とは言っても山梨県の中なんですが、みんなうますぎて練習初日で「ついてけんのかな~」って思ってましたね。

そしてら自転車で崖から落ちて3か所骨折。自分の下手くそさを噛みしめつつ這い上がろうと思えたいい期間をもらいました。

 

天才かもしれない

いや~小学生のテストなんてあのカラーのペラペラのやつ?あんなの今思えばテストでもなんでもないのに、あれが100点なだけで頭いいと思ってた。

中学はそこそこ勉強して、高校にサッカーで入学したらまさかの、学年でトップ。これがまた勘違いを生むわけですよ。偉そうにチームメイトに数学・物理を中心に教えて、気持ちよくなってたな~。今思えば。

学校評定も平均5。(笑)

賢いと思っちゃうよね。でも今その時の知識なんて何も入ってないの。(笑)建築の話なんてちょっともついていけない。一体何を勉強してたんだろう。

 

それで間違って国立大なんか滑り込んじゃったから大変ですよ。

新管では「センター何点?」なんて会話が飛び交ってる世界…。

「一応受けたよ。平均20点ですけど何か…?入れば一緒でしょ?」なんて強がってみて。

そもそも小学校で模試ってあったんだ。そもそも偏差値って何?(笑)

あー。ちゃんと勉強しなおさなきゃなと感じた入学式。

 

コミュ力高いんです

これは何で勘違いしたのか分からないんですけど、勝手にそう思ってた。(笑)

だから「どこでも生きていけるっしょ~」って軽いノリで自転車濃いで旅に出てみた。

大阪から福島県まで…。

 

いや~ほんとね。

「誰にも何も話しかけれないんだな~俺」ってあの時気づいた。恥ずかしいを通り越して、「なんて話しかければいいんだ?」。

気付いたら初日は誰とも話さず、三重大学の学校のベンチで野宿。

誰か助けてくれるだろ~なんて思ってたけど、このままじゃやばいぞ!?ってその時気が付いた。

「まじで家帰りてー!!!!」

 

審判?焼肉屋?フットサル場?モス?王将?なんでもできるっしょ!

バイトも何を思うのか。やったこともないのに面接は超超強気。

いや~審判。今思えば誤審ばっかり。1試合トータルで帳尻合わせに行ってた。(笑)

今だから言えるけど、ほんとあの時ご迷惑をかけた人すみません。

焼肉なんてそもそも行ったことなかったし、フットサル場?何すんの?モス…メニュー知らんし、王将…フライパン振ったことナイヨ?

それなのに、できると思ってんだよね。(笑)

 

お世話になったバイト先の皆さん大変ご迷惑をおかけしました。

就職活動だってイッパイシタゾ

本当にね。100社受けたんですよ。

キッカケは最初の3社。今でも忘れない。電通。ワークスアプリケーションズ。ネクスト(現LIFULL)。

いや~この時も変わらず勘違いヤローでした。

「就職氷河期?いやいや落ちないっしょ!!」それくらいに思ってた。

 

電通ね。受ける前に全力で社員さんに止められた。(笑)もちろん受けたけど筆記すら通らなかったよ?w

ワークスアプリケーションズは1日の研修行ったらみんな京大・阪大だったよ。もちろん!オチタヨ。w

ネクストは、君のやりたいことがわからないってその場で不採用イワレタヨ。w

とりあえず3連敗からのスタート。

そこから姿勢を変えて、社会を知ってやろうと思って職種問わず100社回ってみた。

 

勘違いヤローが学んだこと

勘違いヤローが勘違いしたままいたらやばいと思う。でも勘違いする分にはいいんじゃないかな~って思う。

だってそもそも勘違いからしか何も始まらない気がする。

サッカーがうまいと勘違いしてやり続けた結果海外でサッカー選手になったし、海外で評価されたのは小学生の時にも評価されたハードワーキング(スライディング含む)。

勉強だって、勉強の仕方を学んで4年間は学費免除もらえるくらいの点数取れてたし、今だって必要なことは自分で勉強できる能力が身に付いた。

コミュ力だって、勘違いして飛び出した結果、やらざるを得ない環境に陥って基本的には物怖じしなくなった。

就職だって、自分が本当にやりたいことって何だろうってことに気付くきっかけとなり、今こうして大好きな仕事に巡り合えている。

 

存分に勘違いヤローでいていいと思う。気付くタイミングが来た時に、変われるか。これが重要だなと思う。

その時はプライドも捨てて受け止める。

きっと周りが気づくチャンスを与えてくれる。その信号をしっかりとキャッチしよう。

10年後の自分のブログ読んで勘違いヤローだな~って言ってるんだろうな。

 

あー。12月嫌いだから、仕事に没頭しよう。

今日は何かこんな感じのブログ。たまには緩く緩く。

本日もありがとうございました。

Tom Yoshida

2 件のコメント

  • 図夢さん、「勘違いヤロー」大いに結構!たった一回きりの人生を悔いのないものにするには、「俺は何でも出来るんだ!」「俺は世界一なんだ!」位の勘違いに基づいて、胸を張って何にでも挑戦してみる事があって良いと思う。但し、自分の言動には責任を果たすのが作法かなって思っています。他人を傷つけたり、不愉快な思いをさせる「勘違い」はNo thank you!

    ところで、FIFAワールドカップ 日本は、グループH(ポーランド、セネガル、コロンビア、日本)初戦はコロンビアですね。一番最後まで選ばれなかった日本。「残り者には福来る」となるか? いいゲームを期待したいですね!

    • そうですね。いった以上は果たす。それを心に行動していこうと思います。そして、周りを傷つけるような勘違いはしないように細心の注意を払いながら、自分を暗示したくさんの事に挑戦してみます。

      いや~面白いリーグに入りましたね。突破の可能性あると思います。
      コロンビアはリベンジしたい!!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
    »Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
    »TomのFacebookはこちらから!