問題を大きくするのも、小さくするのもあなたです。

どうも!

「いつかはサッカークラブのオーナーになってやろう」

あ。心の声がもれました。トムです。現在シンガポールのドクターストレッチ Suntec店で働いています。

 

昨日の勘違いヤローは、バカヤローの反響が思いのほか良かったです。

あんな過去も度々出していこうと思います。

勘違いヤローはバカヤロー。明日やろーもバカヤロー。

 

12月に入ってもう3日も経ったわけですが、いや~最高の試練がまた訪れています。月末に今期の試練ランキングでもやってみようかな~。

きっと今回の問題もまあまあTOPレベルに食い込んでくると思う。

これって…普通なことなのか?と疑いたくなる。多分普通じゃないんだろうな~。そしてこういう時ってどうするんだ????

色んな疑問が浮かぶが、止まってくれない。

今できるベストを尽くすのみ。

よし。では自分が解決できる。もしくは解決したことがある形に置き換えてみることにしよう。

 

今お店(会社)で起きている問題をサッカーに置き換えて考えてみた

確かに社会人経験はないけど、サッカーは20年間経験し多くの問題に直面し乗り越えてきた。

きっとこんな問題とも直面してたはずだ。だから問題をサッカーに置き換えてみた。

 

チーム状態

チームはできたばかりで、やっとまとまってきたかな?という感じ。

人種も価値観も違うメンバーが集まり、チームを作っている。僕自身は外国人枠で雇われ、言語もうまく通じないがチームのキャプテンとしている。

そして、今期がすごく重要で決して1試合も落とせない、毎月・毎試合が真剣勝負。

1つでも多く勝ちを積み重ねていきたいところ。

チームにはエース格が数人おり、その選手が中心となって毎試合結果を出している。

 

問題発生???!!!

「明日からチームの1番のエースが試合に出場できない」

 

あれ?

 

サッカーに置き換えてみたら、日常茶飯事だな。こんなこと。全く大したことないな。

怪我だろうと、レッドカードだろうと、イエロー累積だろうと、病気だろうと…

よくあることだな。

なーーーーーんだ何を焦ってたんだろう。

 

過去の経験が今に生きる

いや~状況も含めてすごい近い経験をしたことがある。

あれはオーストラリアで2つ目のチームに移籍した時だ。僕が1番お世話になったチーム。

唯一違ったのは、「キャプテン」出なかったぐらい。

 

チームは毎年解体され、新しいメンバーで構成される。

そして外国人枠でチームには日本人があと1人。

英語なんて今よりもしゃべれなかったし、よくわからず試合に出てた。

チームは降格を争っており、絶対に毎試合落とせない。

1つでも勝ちを積み重ねたいのは言わずもがな。

そしてチームには絶対的エースが3人いた。

 

そして、最終節を残して監督解任。

それとともに急にキャプテン兼エースのブラジル人が契約の関係で出場できなくなった。

あれも確か前日だった…。でも何とかなるもので、最後勝ってギリギリ残留を決めた。

 

あの時考えていたのは、給与がとか、あいつが嫌いだ。とか、監督のせいで~とか。

そんなちっぽけなことではなく。

「勝つこと」そのための最適解を全員が選択していた。

全員に迷ってる時間なんてなかった。明日試合だし、負けたら降格だからね。

 

あーーーー。その時の方が状況悪いな。今回はキャプテンじゃないし、監督解任されてないし。

なんだやっぱり大したことないじゃないか。

 

まとめ

自分の起こってる物事を過去に経験したことや、克服したことに置き換えて考えてみればそんなに問題は大きくないかもしれない。

問題の大きさは変わらない。

問題を大きくするのも、小さくするのもすべては関与する人次第。な気がする。w

 

さて、今回の問題はどうにかするしかない。

どうしましょう?

時間は少ないけど、ある。選択肢も少ないけど、ある。

 

後は何を優先順位の頂点に置くか。だな。

まあ。大したことがないってわかっただけ安心した。

冷静さを失うのが一番ダメ。自分を安心させるためのブログでした。

 

本日も読んで頂きありがとうございました。

ちょっとバタバタでバタバタ感の伝わるブログですみません。

Tom Yoshida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!