【ローカル】シンガポールの伝説的チキンライスのお店「チャーターボックス」

どうも!

パティシエとパン屋のハーフのシンガポール駐在員トムです。

 

シンガポールは元々マレーシアの領土でありながら、イギリスの侵略を受けたり、日本に占領されるなどして、マレーシアから追い出されたのが、50年前とまだまだ歴史の浅い国です。しかし、だからこそ多くの人種や宗教が入り混じっており、食文化も様々です。そんな中でシンガポール料理と言えば何?と聞けば、誰もが一番最初に言うのが「チキンライス」。本日はそんなチキンライスの伝説的名店のご紹介です。

チャーターボックスのシンガポール名物「チキンライス」

The signature 😋🍴 #chatterbox #winniewenvacay

♑ • Winnie Tさん(@winniewent)がシェアした投稿 –

シンガポールにはインフィニティ―プールで有名なMarina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ)をはじめ多くの高級でおしゃれなホテルがあります。そんなホテルの1つMandarin Orchard(マンダリン・オーチャード)は、シンガポールの中心街オーチャードに位置する人気のホテルです。

このMandarin Orchard(マンダリン・オーチャード)は、ホテルだけでなく、35階にはミシュラン2つ星を獲得した中華料理店「Shisen Hanten by Chen Kentaro」が店を構えており、宿泊のみならず多くの人が利用する有名ホテルです。そんなホテルの5階にある「Chatterbox(チャーターボックス)」が今回紹介するお店です。

チャーターボックス

僕の働くお店のスタッフに聞いた!「シンガポール料理と言えば何?」の堂々の第1位がチキンライスです。2位はバクテー。それにラクサ・サテーと続きます。ジャンボ・シーフードパームビーチで有名なチリクラブは全くランキング外でした。

シンガポール来たからこれらの名物を食べてもらいたいんだけど、

  • 日本から来た偉い人をホーカーには…
  • 両親が来るんだけど高齢でホーカーは衛生的に心配だな…
  • 女の子を連れていきたいけどホーカーは無理だな…
  • 最高級のローカルフードを味わいたいな…

こんなことってありますよね!?そんなときにおすすめなのが「チャーターボックス」です。素晴らしくきれいな店内で、おしゃれなシンガポール名物を堪能できてしまいます。しかもこのお店めちゃくちゃおいしいんです。1度行ってしまうとはまってしまいます。今回はそんなチャーターボックスで、チキンライスだけでなく、バクテーとラクサも食べてみました。

チキンライス

日本のチキンライスと言えばオムライスの中に入っているケチャップライスを想像しますが、芯がポープのチキンライスは違います。チキンとライスです。ちなみにチキンはスチームとローストの2種類があり、チャーターボックスのはスチームでした。ローストだと川がもう少し茶色いあめ色です。

このチキンを少し味のついたご飯と一緒に食べるスタイルです。それに好みに合わせて横の3色の調味料を付けて食べます。黒色はあまじょっぱいタレ、白いのはしょうが、赤いのはチリです。僕は少ししょうがをつけてチリで食べるのがお気に入りです。

こんなおいしそうに食べてもらえると嬉しいですよね。やっぱりチャーターボックスのチキンライスは別格です。

バクテー

バクテーは僕の一番大好きなシンガポール料理です。同居人番上真之介と「チキンライス食べに行こう」とはならないけど、「バクテー食べに行こう」とはなります。結構いろんなお店を回ってはおいしいバクテーを探しています。

バクテーと言っても実は2種類あります。チャーターボックスの様に黒いスープのバクテーは、マレーバクテーと言われる種類です。これはそれほど胡椒が強くなく飲みやすスープです。このマレーバクテーはCanonなどがオフィスを構えるワンノースのエリアにある「Timber+」という音楽とホーカーと様々なビールが楽しめる場所でもおいしいマレーバクテーが楽しめます。もちろんチャーターボックスのバクテーもおいしい!!!

そしてもう1種類は、白いスープのバクテーです。これは胡椒がばっちり効いており、胡椒辛いのが特徴です。バクテーと言えば「ソンファ」という日本人にも人気の有名店ではこちらのバクテーが楽しめます。僕が好きなのはこっちのバクテーです。2018年3月公開予定の松田聖子さんと斎藤工さん主演の映画「ラーメンテー」の撮影に使われたバクテーもこちらのバクテーです。

ラクサ

ラクサは非常に好き嫌いの分かれる食べ物です。先日日本から来たスタッフはホーカーでラクサを食べましたが、1口食べて無理でした。ラクサはココナッツスープの為、ココナッツが無理な人は完全に無理ですね。実際僕もあまり好んでラクサは食べません。

しかし、ここのラクサは少し違いました。ココナッツが強すぎず、しっかりとロブスターのスープが効いていて今までのラクサのイメージを払しょくされました。ロブスターが大丈夫な人は是非試して頂きたい1品です。これを始めて食べてラクサだと思った人は、ホーカーでは食べられないと思う。

気になるお値段は、合計で$150。やはりローカルフードでこの値段となると少し行きづらいですね。年に1回くらいを目標に堪能しに行きます。

#dinner #satay #singapore

Alen Eanyさん(@aleneany)がシェアした投稿 –

ちなみにこれらの料理はローカルのホーカーセンターに行けば1品約$10もしないでどれも楽しめるものばかりです。ホーカーセンターで有名なのは、Lau Pa Sat(ラオパサ)やNewton Circus(ニュートン・サーカス)あたりでしょうか。有名なのでかなりローカルにしてはきれいですが、しかしそれでもあくまでホーカーセンターです。ローカル感満載で衛生的に綺麗とは言い難い。でもそんな場所が大丈夫、好きだという人は是非そちらで楽しんでください。

トムのひとりごと

どこで食べるか、何をするかってすごく大切だと思う。だけどもっともっと重要なのは「誰とするか」だなと改めて感じました。そんな大好きな人・仲間・友達・家族を「連れていきたい」そう思えるようなお店や場所を作ることが価値の提供なのかもしれないですね。

このチャーターボックスはまさにそういう場所。単純に値段を比較したらホーカーの方が圧倒的に安いけど、時としてこの価格を払って食べる価値があると思う。どんなお店のコンセプトかって大切だな。

店舗情報

「ChatterBox」チャターボックス

住所:333 Orchard Rd, Level5, Mandarin Orchard, Singapore 238867

Tel:6737 4411

まとめ

今回はきれいなところでローカルフードを食べたい方におすすめの伝説的チキンライスのお店「チャーターボックス」の紹介でした。しっかりといいお値段はしますが、それれ相応の料理と雰囲気が堪能できます。1つの選択肢として、駐在員は持っておくことが重要かなと思いました。

今後はもっとローカルフードのお店なんかも紹介していこうと思います。バクテー特集なんかも面白いかもしれないですね。これからもシンガポールのおいしいお店や、おしゃれなカフェ、面白い観光地をブログを通して配信していきます。少しでもシンガポールを好きになってくれる人が生まれ、一人でも多くのファンができたら嬉しいです。シンガポール観光大使の斎藤工さんに負けないような頑張ります。(笑)

Instagramでは、リアルタイムで見つけたカフェやおしゃれな風景、ご飯などを上げていますのでそちらも是非フォローしてください。これからもよろしくお願いします。

シンガポールの情報や、おすすめのお店は随時募集しています。気軽にコメントメッセージよろしくお願いします。

Tom Yoshida

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!