【ローカル】シンガポール駐在員のランチはフードコートで決まり

どうも!

パティシエとパン屋のハーフシンガポール駐在員トムです。

 

シンガポールに来て一番衝撃だったのは物価の高さです。特に毎日利用する飲食系の値段には度肝を抜かれました。ただでさえ高いのに、GST(税)で7%に加え、大したサービスもないのにサービス料で10%が加算されます。その中でもお酒はべらぼうに高いです。1杯ビール800円なんて普通です。

シンガポールで友達二人でラーメンと、餃子1人前ずつ、ビール1杯ずつ飲んでアイス食べたら…$100(8,000円)超えました。衝撃的の値段です。それなのに日本の方がおいしいと来てますから、生きていく気力が失せてしまいます。(笑)

そこで今日は貧乏シンガポール駐在員の僕が普段ランチに利用している、フードコートことFood republic(フード・リパブリック)の紹介をしようと思います。ここなら$4~10で食事が楽しめるので安心です。今日は僕の職場Suntec City Mall(以後サンテック)のFood republic(フード・リパブリック)をお届けします。

シンガポール駐在員のランチ!サンテックでローカルフードを堪能しよう

#sunteccityscapes

Suntec Cityさん(@sunteccity)がシェアした投稿 –

シンガポールにはIONやVIVO Cityなど多くのショッピングモールが存在しています。その中でもSuntec City Mall(以降サンテック)は最大級のモールの1つです。また、サンテックにある「富の噴水」は、風水において非常に縁起がいいとされ、シンガポール随一のパワースポットとしても有名です。

この富の噴水を求め多くの観光客が訪れる観光スポットの1つです。また、サンテックは5つのオフィスビルを繋ぐようにショッピングモールがデザインされているため、ランチ時になるとサンテックで働くオフィスワーカーも館内でランチを楽しみます。

その為サンテック内には飲食店が多く、シンガポールの伝統的料理バクテーをはじめ、日系の星乃珈琲、マレー系のハラルフードなど数多くのお店が存在します。その中でも一番人気なのは、「Food republic(フード・リパブリック)」と言われるフードコートです。

Food republic(フード・リパブリック)ってどんなところ?

シンガポールも元々タイなど近隣アジア諸国と同様に屋台などが多く存在する国でしたが、政府が衛生面の不安からそれらを廃止し、フードコートへを作りました。Food republic(フード・リパブリック)は、このフードコートの代表的なもの1つです。

フードコートに入っているお店はストールと呼ばれ、それぞれのモールによって入っているストールは異なります。ただストールが違うのはまだ納得ですが、同じストールでもモールによって味が違います。これがまさにシンガポールクオリティです。(笑)

ここは、その場で食べるだけでなく、持ち帰りも選択可能です。忙しいオフィスワーカーなどは持ち帰りを選択しています。しかもレストランよりもはるかに安い$4~10で食べられるので、現地の人々から愛されるお店です。

Food republic(フード・リパブリック)を楽しむ3つのポイント

  1. 2時~5時が狙い目
  2. ランチの混雑時はティッシュを忘れずに
  3. 行列のあるお店が鉄板

ランチタイムで12時~2時までは非常に混雑します。その為もし可能なのであれば少しだけランチを送らせて、2時~5時の時間に行くことをおすすめします。ピークタイムに行くと、いいサービスもあったものではありません。ものすごい勢いで迫られますし、人によっては中国語でまくしたてられます。(シンガポール怖い)

ただ、忙しくない時間に行くと意外といい接客のお店もあり、フレンドリーに話しかけてくれます。どうせ行くなら、そんな時間を狙いたいものです。

でもどうしてもランチタイムはずらせない!という人は、必ずティッシュを持参してください。これが重要です。どこでもそうですが、席は争奪戦です。この争奪戦を勝ち抜くためにティッシュは必要不可欠です。そうでないと食事を持って立ち尽くす羽目にはいます…。

そして各Food republic(フード・リパブリック)によって味が違うという素晴らしい変化を楽しめるこのシンガポールのフードコートを楽しむ最大の秘訣は、並んでいるところに並ぶことです。やっぱり行列ができるのには理由がある。大した時間もかからないので、外したくない人は是非並んで食べるのが鉄板です。

ではここからはサンテックの行列のできる人気ストール順に紹介していきます。(毎日通う僕の目測です(笑))

1位 Chinese Vegetable Riceは安定のおいしさ

このお店が圧倒的人気です。ランチタイムには大行列です。これもシンガポールのThe・ローカルフードです。野菜・魚・肉の3種類の総菜があるのでその中から自分の好きなものを選択するスタイル。ローカルフード初心者でも非常に頼みやすいです。

今回はブロッコリーの炒め物と、もやしの炒め物、それとお肉をオーダー。2種類の野菜と、1種類のお肉で$5.5ととてもリーズナブルです。肉や魚が増えると値段が上がります。そして「カレースープ」と言えば、ご飯にカレーをかけてくれます。ここのカレー日によって辛さが違います。(笑)

2位 初挑戦Fulin Fried Yong Tofuはオーダーが難しい

このお店もどこに行っても見かけるローカルフード。今回僕は初挑戦でした。理由は並びすぎているのとなんか注文しにくい。だって目の前に野菜とか、豆腐とかが束で置いてあってどうしたらいいかわからないです。(笑)

なんか説明を読んでみると近くにあるかごに適当な6種類を入れて、レジに持ってくとそれを調理してくれるみたい。6種類のこれらと、スープだと$5.2、麺もしくはライスだと$6です。初挑戦でしたが、これが優しい味で意外とおいしい。ほかのお店はどうしても脂っこくて、重たいですが、これはスープなので重たくなくて食べやすいです。これを機に今後も利用します。

3位 Yafu Mini Wok Derghts味が不安定!そこもまた魅力?!

これまた人気のローカルフード。僕もたまに利用しますが、ここはおいしい。ただ一番味に差があるお店だなと思います。日によって味が濃かったり、薄かったり、それもそれで楽しいです。メニューは、チャーハンや、堅焼きそばみたいなのもあり日本人には比較的なじみがあるお店かも…。

オーダー方法も非常にシンプルで、メニューに番号が振られているのでそれを言えばオーダー完了。ただ、ここのおばちゃんは完全中国語のみなので、なかなかうまく伝わらない。今回焼きそば頼んだのに、違うの来た。(笑)これで$5。僕のおすすめはチャーハンです。

4位 シンガポールと言えばチキンライスHainanese Chiken Rice

シンガポールを代表する料理と言えばチキンライスです。このチキンライスもFood republic(フード・リパブリック)で食べれちゃいます。以前シンガポールの伝説的なローカルフードのお店「チャーターボックス」を紹介しました。ここでチキンライスを頼むと約$30してしまいます。しかし、フードコートで頼めば$6です。5分の1で楽しめます。

もちろんおいしさはチャーターボックスの方が圧倒的においしいですが、フードコートのチキンライスも決して悪くないです。十分おいしく楽しめます。またサイズSかLから選ぶことが可能です。今回注文した写真の品はSサイズです。小腹が空いたときにおすすめです。

5位 激辛注意!インド人に大人気のPenyet & BBQ

お店のスタッフに「ここがおいしい」と言われ連れてかれたのがこのお店です。結果…「辛すぎ!!」写真の端っこにある緑の奴が全部青唐辛子。本当に唇ヒリヒリしました。「もう二度と食べるか!!」と思ったものの、1か月に2回ほど食べてます。中毒性あり。

やっぱりこの辛さがたまらないのかインド人に人気があります。いつもお昼時は列ができている人気のお店です。辛いのが好きな方は是非チャレンジして頂きたい。このご飯で$6。悪くない。

ランク外 カレーとうどんのお店 Maru Ten Udon

ローカルのフードコートではやっぱり日本食はそんなに人気がないのかな?でも僕が一番多く利用しているお店がこちらの「まる天うどん」です。日本のシンプルなカレーライスや、うどんが食べられるし、味にぶれがないので安心の味です。

ちなみにこのカレーが$5.5と価格もリーズナブル。僕は好きなんだけどな~。ランチタイムに行っても比較的空いてます。潰れないでほしい!ちなみに僕らの社長はここの「明太バターうどん」がお気に入りです。これもおいしいので是非。

ランク外 えせジャパニーズフード Ji Charcoal Grill

こちらは店前写真も、実物も非常においしそう。しかし、なんか味にパンチが欠けた気の抜けた味がします。悪くはないんだけど…う~~~~~ん。みたいな。それがお客様数にも出ており、いつもほとんど並んでません。(笑)

これは本当に頑張りしだいで化けると思う1品。一番ポテンシャルありだと思う。でもここもジャパニーズカレーがありますが、これは完全にパチモン。おすすめしません。(笑)

ランク外 お肉は上手いぞ!Guan Chee HK Roasted Pork

これも初挑戦でした。感想はローストポールは非常においしい。このカリカリ感が溜まりません。しかし、このご飯の上にかけられたものが…よくわからん。あと行った時間が悪いのか?冷たかったのが非常に残念です。

このお店も混み方はまちまちで、たまに並んでたり、並んでなかったり、基本ピーク時間以外は並んでません。これで$5。これがハーフサイズなので、もう一つ多きサイズが存在します。僕ならこれよりチキンライスかな~。

ランク外 胃が疲れた時のZhong Hua Traditional Soup

ここは店名に「伝統的」と入っているシンガポールの伝統的ローカルフードのお店?なのかな。サンテックのFood republic(フード・リパブリック)の一番入り口にお店を構えています。いつも食べようかな~と思いながら、他のお店へ行ってしまうので今日は今回は食べてみました。

麺かスープとご飯と思っていたらまさかのおかゆ。これは想定外です。とてもやさしい味のスープで悪くないんだけどお腹が空いている人には少し物足りない1品です。でも確かにシンガポールには多くのおかゆのお店があるくらい、おかゆはローカルの伝統料理の1つです。おかゆを食べたい方は是非。味は悪くなかったです。これで$4.5でした。

ランク外 愛想がいい店員のいるThai Kichen

こちらのお店ではタイの料理ガパオライスや、グリーンカレーが楽しめます。僕も週に1回くらいでグリーンカレーを食べます。辛すぎないので僕は好きなグリーンカレーです。ただなぜかいつもあまり並んでいない。僕はおいしいと思うのですが…。

このお店の面白いのは日によってサービスに波があります。まさにシンガポールあるある。すごく上機嫌で接客してくれたり、スープが付くときもあれば、今日はスープなしなんて日も。カレーの量もまちまちでたまにお肉入ってないなんてことも…。これが人気が出ない理由かな~。

ランク外 店員が座って携帯いじってるThunder Tea Rice

ここも今回初めての利用です。シンガポールのローカルフードというよりはタイ料理なのかな?とりあえずメニューを見ても良くわからなかったので、一番おすすめされた「チキンバジルのガパオライス」に決定。

味自体は悪くないんですが、なんか水分が多くてごはんがべちゃべちゃしてるのがすごく残念。でも味以上に店員の態度が残念。そんなに必死にツムツムやるなよと突っ込みたくなるくらい真剣にゲームに没頭していました。Food republic(フード・リパブリック)の中でも奥まったところに入っています。

ランク外 完全野菜料理しかないRerfect Vegetarian

このお店は第1位のお店とそっくりのお店。でもなぜかこっちは全然並んでない。なんでだろうと思い、いつも並んでいる方に行っていましたが、今回こちらも初挑戦。頼んだのもできるだけ1位のおp店と近いものにしてみました。

味は…悪くない!!!強いて言うならスープついてきた。ちょっと嬉しい。と思ったけどこのスープはいまいち。ブロッコリーはおいしいし、カレーも悪くない。いいお店見つけた気がします。しかも、1位のお店よりも約$1安いです。

 

まとめ

今回はシンガポール駐在員御用達のフードコートを代表してサンテックの地下1階にあるFood republic(フード・リパブリック)を紹介しました。各ショッピングモールに入っており、それぞれのモールで楽しむことができます。また、ラオパサやニュートンサーカスなど有名ホーカーズもあるので観光客の方はそちらでローカルフードを楽しんでみてもいいかもしれません。

シンガポールはどうしても食費に家賃にとお金のかかる国です。しかし、工夫次第では意外と安くご飯が楽しめるスポットも隠されています。これからもカフェ巡りが趣味の僕のおすすめカフェの紹介シンガポールで見つけたおしゃれなディナーのお店だけでなく、ローカルフードも紹介していきます。

またInstagramでは 、こういったお店で見つけたおいしいごはんや、シンガポールの街中のおしゃれな風景、夜景写真などをリアルタイムで更新中です。是非こちらもフォローよろしくお願いします。これからもブログ、インスタ、Twitterを通してシンガポールの魅力を中心に、駐在員としての生活なんかを発信してきます。これからもよろしくお願いします。

Tom Yoshida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!