マネジメントにおいて最も大切なことは○○だ!

お店のスタッフが思うように働いてくれない。モチベーションがない。すぐにサボる。遅刻がなくならない。病欠や欠勤が多い。常に言い訳ばかり…etc

チームのマネジメントで悩まされたことは無いだろうか?僕は以下のような内容で悩まされた。

「トイレ行ったのに1時間帰ってこないなー」

「早く帰りたくてお客様断って帰っちゃった」

「遅刻の日は打刻しない」

「ムカついたからナイフ買って来た」

言い出したらキリがない。でも黒川社長も言っていた。最初のフュービックも、

「仕事中に漫画を読んでいた」

「ただひたすらに水をかけていた」

「寝坊を起こしに行くところからスタートだった」

などなど。

最初と言うのはそう言うものだと割り切る他ない。橋口取締役にアドバイスをもらう度に僕がしている経験はずっと前に幹部陣が経験した事なんだなと痛感した。

そんなこんなで気づけば店長になって早くも約1年半。シンガポールで店長になって早くも1年が経った。今日はこの1年で学んだ

『マネジメント=愛』

というくさい話。

 

マネジメントの第一歩

世の中には様々なマネジメント論や、やり方が紹介されている。この1年読んだ本の多くはこの類だった気がする。

 

余談ではあるが、

読書はその時の悩みや課題に偏る傾向があるので、読んだ本を振り返ってみると面白い。

 

つまりこの1年僕自身マネジメントに悩んでいたのだと思う。

これまでリーダーという経験は、大学のサークルの代表を務めたくらいしか経験していない。もちろんその時にここまで深く考えていたわけでもない。

社会人になり、店長になってみて学んだことは多くあるが、1番は

『人は変えられない』

ということ。この理解こそがマネジメントにおける大切な1歩なのだと思う。

○○したのに、相手から思ったほどの結果が得られない。それは本当に相手がいけないのだろうか?ベクトルを自分に向けて、自分の伝え方や教え方が悪かったのではないか。

 「遅刻するなよ」と伝えた。

でも、スタッフの遅刻がなくならない。もちろんスタッフが悪いと割り切りたいが、それで現実が変わるわけでもない。

じゃあどうするか、

「今日は間に合ってるじゃん。ありがとう。」褒めてお礼を言ってみる。

それでも変わらないなら?

「Good morning」とラインをしてみる。

手を変え、品を変えやってみる。

そして、その中で説得する。

「何故遅刻をしてはいけないのか」

ではない。

「遅刻するとどんな損をし、毎日時間通りに来るとどんな得があるのか」をだ。

『自分にとって得な事しか聞かない』

これが2つ目に学んだ事だ。

自分はボスか?リードか?

そして僕が働く会社では、「ボス」ではなく「リード」によってマネジメントすることを厳しく言われている。どちらが正しく、どちらが良いということではなく、僕らの会社では「ボス」は絶対禁止。という考え方なのだと最近になってようやく理解しだした。

 

ただ未だに、

何が「ボス」で、何が「リード」なのか。という疑問を日々ぶつけながら仕事をしているのも事実である。つまり、1年経ってみても絶賛成長中だ。

 

“ボスとリーダーの違い”とGoogle先生に聞いてみるとこんな答えが返ってきた。

 

ボスは部下を追い立てる。リーダーは人を導く。

ボスは権威に頼る。リーダーは志、善意に頼る。

ボスは恐怖を吹き込む。リーダーは熱意を吹き込む。

ボスは私という。リーダーはわれわれという。

ボスは時間通りに来いという。リーダーは時間前にやってくる。

ボスは失敗の責任を負わせる。リーダーは黙って失敗を処理する。

ボスはやり方を胸に秘める。リーダーはやり方を具体的に教える。

ボスは仕事を苦役に変える。リーダーは仕事をゲームに変える。

ボスはやれという。リーダーはやろうという。

 

すごく納得できる。わかりやすい。

しかしまだこの言葉は知っているが、理解はしていない。僕の現状はその程度だろう。

 

何故か…無意識で行動に移せないからである。店舗で起こる状況は常に変化し、物事が複合的に起こる。そしてその決断を瞬時に下さなくてはいけない。

なんとなく言い放った言葉が、結果「ボス」である可能性がある。それは相手にしかわからない。自分では判断できない。それがこの1番厄介な点ではないだろうか。

 

そこで上司から大切なアドバイスを頂いた。

「ボス」か、「リード」かの判断基準は、

【相手の思考が止まったか】である。

 

これがあると自分の行動がどうだったか?という振り返りができる。もし同じ悩みを抱えている人がいたら試して頂きたい。

 

もっと大切な事

ここまで長々と書いてきたが、

「ボス」か、「リード」かの違いで1つ僕なりに結論がある。

それは【愛】である。

書いてて恥ずかしさを感じるが、1番大切だと言い切れる。

相手を思い、相手の事を考え、相手と向き合う。

その気持ちがかけた時、どんな行動も「ボス」になりうる。

逆を返せば、この気持ちがあれば一見ボスに見える事でも「リード」となりうるのである。

 

これからも「ボス」ではなく、「リード」を目指して日々行動していこう。

 

まとめ

 

仕事は、

僕にやりがいをくれる。

仕事は、

僕を成長させてくれる。

仕事は、

僕に価値を与えてくる。

 

そんな幸せな環境で働ける毎日に感謝し、今日も生きていきます。

「夢を描き、それを追いかける人生はかけがえのない幸せである」

Tom Yoshida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!