肩こり・腰痛・冷え性・むくみ体の悩みにマッサージorストレッチ?

今日は久しぶりにストレッチの話をしてみようと思います。

せっかくなので目の前に呼んでくださっているあなたがいると思って進めてみようと思います。

 

どうもDr.stretch Suntec City Mall店で店長しております。

吉田図夢です。

自己紹介はこちらのページをご覧ください。

好奇心旺盛で真面目なサッカー少年・トムのプロフィール

 

ではでは先ほども紹介させていただいたように今、僕はDr.stretchというお店で働いています。

聞いたことや見たことはあるでしょうか?

初めて聞いた! 聞いたことある! 見たことあるよ! 体験受けたよ! 通ってるよ! なにそれ?

 

色んな方がいると思いますので今回は僕が働くDr.stretchの紹介からさせてください。

そもそもDr.stretchってどんなお店?

 

Dr.stretchは今日本に直営・フランチャイズを合わせて約130店舗展開する日本1のストレッチ専門店です。

そして2016年から日本だけでなく海外展開をスタートしました。

今ではシンガポール3店舗・上海1店舗をオープンし、海外展開も加速させています。

日本と海外を合わせると約1000人のトレーナーが在籍しています。

 

ストレッチ専門店のDr.stretch

ストレッチ専門店というくらいですので、ストレッチを行うお店です。

「え!?ストレッチするの?」という声が聞こえてきそうですが、

「はい」

僕らのお店ではお客様1人1人に担当のトレーナーが付き、パーソナルでストレッチを行うお店です。

そして僕たちが提供しているサービスは、

ストレッチを通してお客様が健康でいる為のサポートすることです。

 

だからこそお客様のライフスタイルをヒアリングし、それに合わせた提案やストレッチを行っていきます。

「ゴルフ好きなんだけどうまく回らなくて」「最近出張が多くて腰が痛くてさ」「立ってることが多くて足が疲れやすいんだよ」

こんな体の不快感を持ったお客様が多く来られます。

そういったお客様の未来が大きくなるサポートをするのが僕らのお店です。

 

マッサージと何違うの?

大体この質問が出てきますよね。

ではストレッチを体験していただく前に、説明をさせて頂きます。

1番大きな違いは、【目的】です。

マッサージの目的は「リラクゼーション(癒し)」です。

しかし、ストレッチの目的は【改善】です。

 

肩こり 腰痛 首の痛み 慢性的な頭痛 膝の痛み 体のだるさ 冷え性 むくみ

 

こういった悩みを長年抱えているお客様の為のサービスがストレッチです。

 

ただどちらが良く、どちらが悪いといっているわけではなく、目的が違うだけなんです。

だって僕らDr.stretchはフュービックという会社が運営していますが、フュービックではマッサージ店舗も展開しています。

その時にあったほうを選んでいただくのがベストかなと思います。

 

改善するってことは時間がかかるんじゃないの?

ストレッチでアプローチをするのは【筋肉】です

筋トレやジムに通われたことはありますか?イメージはそれと同じです。

 

「1日スクワットしたら、筋肉ついた!」

そんなことはあり得ません。

「1か月に1回ジムに通ってたら筋肉がついた!」

そんなこともあり得ません。

 

特に最初が大切です。

最初は筋肉が今の状態を強く記憶しているため元の状態に戻りやすいです。

週に1回。3か月。これを目安にスタートしましょう。

もちろん個人差がありますので、実際にお身体を見させていただいて、その上でトレーナーと相談して頂ければと思います。

 

まとめ

長々と説明をしてしまいました。

読んでくださりありがとうございます。

何が言いたかったかというと、気になった方、そうでない方も是非Dr.stretchにお越しください。

そして一度 無料体験 をお試しください。

受けた人にしかわからない発見があるはずです。

シンガポールでもお待ちしています。

こちらが日本全国のショップ一覧です。

https://doctorstretch.com/access/

 

その他ストレッチに関する記事はこちら。

筋肉は何故硬くなるのか?~シンプルに、少し詳しく~

Tom Yoshida

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元サッカーバカ。なんでか知らないけどめちゃくちゃ楽しい人生歩んでます。 僕の考え方や発言に対する賛成反対を含めどんな意見も受け付け中! フェイスブックもフォローよろしくお願いします。
»Tomの詳しいプロフィールはこちらから!
»TomのFacebookはこちらから!